煽情的なお題をつけましたが、本当のお題はこれです。

Facebookの25万人を無断使用した「出会い系サイト

珍しく(?)WIRED VISIONから・・・

無名の出会い系サイトが、開設初日から25万人分もの会員プロフィールをどうやって公開できたのだろうか?

簡単だ。データをすべてFacebookからかき集めるのだ。少なくともそれが、2月第1週に『Lovely-Faces.com』を立ち上げた2人の扇動家がとった方法だ。

Lovely-Faces.comは、『Facebook』を打倒するという意図をもって作られたサイトだ。掲載されているプロフィール――実名や住所、写真――は、誰でもアクセスできるFacebookページから収集されたものだ。

Lovely-Faces.comは、本人に無断で集めてきたプロフィール写真を、顔認証アルゴリズムを利用して性格別に分類し、「おおらか」「うぬぼれが強い」「ずる賢い」といった分野で検索できるようにしている。実名でも検索できる。・・・』 


このサイトは営利目的で作られたものではなく、Facebookのような「公開されたユーザープロファイルの集合体」が持つ、「個人情報の脆弱性が明らかにされるべき」として、自身の主張をアピールするため、このサイトを作ったと言っています。

私もアカウントを持っていますが、今ひとつ気乗りがしないのは上記のことに加えて、「自分の行動が第三者を介して把握されてしまう事」の危険性を感じているからです。

例えば私が「今日は家族旅行で海外にいるよ」などと、調子こいて画像と共に文章を載せたとしましょう。

その前には自分の近所のカフェを紹介したりしています。
Facebook上の住所は●●県△△市止まりだとしても、行動範囲からxx区のどの辺りか、と言う程度まで絞り込めるでしょう。

悪意のある人間がいたとしたら、ターゲットのおおよその住所と実名さえ判れば、あとはゼンリン住宅地図で家が特定できてしまいます。

そこで数日留守だと判断されたら・・・

恐ろしい勢いで・ダムが決壊したように個人情報が垂れ流されることなど決して無い、と誰が確信を持って言えるでしょうか?