ICT徒然草・・・デジタル四方山ばなし

ict86(ICT野郎)です。 日々、気になるICT(情報・ネットワーク)系の出来事をピックアップし、 ゆるゆると切り込んでいきます。

ソニーがついにタブレット2機種発表!

本日13時からの「ITモバイルミーティング」にて、ソニーからタブレットの発表がありました。
以下、そのニュースリリースより・・・

ソニーは、様々なハードウェア、ソフトウェア、ネットワークを融合でき、優れた操作性などで快適なエンタテインメント体験を提供するタブレット端末"Sony Tablet"(ソニータブレット)を発表します。

"Sony Tablet"は、「リッチ メディア エンタテインメント」を提供するS1(コードネーム)と、「モバイル コミュニケーション エンタテインメント」を楽しめるS2(コードネーム)の2機種を展開します。両機種ともに、2011年秋以降に順次、全世界で発売を開始する予定です。

"Sony Tablet"は、タブレット端末向けに最適化したグーグル社の最新の"アンドロイド3.0"を採用。WiFiやWAN機能を搭載することで、ウェブブラウジングやメールはもちろんのこと、インターネット上でビデオやゲーム、電子書籍など様々なコンテンツをいつでもどこでも快適に楽しめるような優れた使い勝手を実現しています。

ソニーITモバイルミーティング公式サイト に詳細画像が掲載されています。

"ソニータブレット" (左から S1、S2)※画像は最終製品ではありません 
sony-pad-M
 












------------------->ちょっと広告<-------------------
ソニー製品を10倍お得に買える方法 GW前にチェキラ♪
---------------------------------------------------
続きを読む

311に役立ったもの、それはTwitter

皆様ご無沙汰しております。

今回の東北地方太平洋沖地震で被災された方々へ、心よりお見舞い申し上げます。

前回の更新時には、まさか日本がこのような事態になるとは思っても見ませんでした。
私は中日本に住んでおりますので、直接的な被害は無かったものの、実家のある千葉や友人が多数いる東北では、近来稀に見る災害でありました。

諸所の事情(バックアップ作業等のため)で、更新が滞っていたことをお詫び申し上げます。

さて、その震災時において、私も大いに活用したのがTwitterです。

携帯電話や携帯メールすら繋がらなくなった関東でも、ネットの機能は制限されておらず、帰宅難民になった方の現在地を知らせてもらい交通情報や一時避難場所情報を、夜っぴて流すことができました。

そんなTwitterの耐災害性についてまとめてある記事です。

「携帯ダメでもツイッター大丈夫」 大震災でネットの強さが判明』 

東北関東大震災の発生を受け、「ネットの強さ」が存在感を見せている。携帯電話ほとんどつながらなくなり、携帯電話のメールも大幅に遅延したのに対して、ツイッターやウェブサイトへの接続は「健在」。単なる「口コミ」にとどまらない、災害情報を伝えるメディアとしての力が浮き彫りになった。
   携帯電話の回線は、容量を超える通信が発生すると、輻輳(ふくそう)と呼ばれる状態になり、本来は行えるはずの通話や通信で出来なくなってしまうことがある。
」 

このことから、携帯電話大手3社は地震直後から発信規制を実施。一時期は、規制率は最高で90%にも達した。つまり、10回発信しようとしても、9回はできなくなったわけだ。同時に、携帯電話のメールも遅延が目立ち、中には届くまでに数時間かかることもあった。

   対照的に、比較的通常通りだったのがネット環境だ。元々、インターネットは「どこかが切断されても、別のルートを迂回して通信できる」という思想で、軍事技術として活用することを念頭に開発された経緯がある。

   携帯電話経由のネット接続では、通信速度が低下したり、つながりにくくなるケースもあったものの、「電話やメールはダメだが、ミクシィ(mixi)やツイッターはつながった」というケースが多かったのは確かだ。・・・」 

ホリエモンも、寝ずに震災関連情報を拡散していました。こういうところに実は人間性って現れるのかな、とふと思ってみたり・・・ 

Gmailにメール自動分類機能が出来たのはいいけど、それよりGoogleドキュメントをなんとかしてよ

スマートラベルは賢い―Gmailに高度なメール自動分類機能

昨年8月、Gmailは優先トレイ(Priority Inbox)を発表した。この機能はメール洪水をさばくのに非常に有効だと判明している。メールの重要性を自動的に判断して優先トレイに表示するこの機能はまだ完全とはいえないが、ユーザーが受信トレイを眺める時間を平均15%も削減したといわれる。
「優先トレイ」が有効だったことは疑いないが、Gmailチームはさらなるメール洪水対策を打ち出してきた。今日発表された最新の武器はスマートラベル(SmartLabels)だ。Labsでこの機能を有効にすると、Gmailは自動的に受信メールの内容を判別してBulk〔一括〕、Notifications〔通知〕、Forums〔フォーラム〕などに分類し、それぞれに対応した処理をする。・・・


どんどんGmailを進化させるのは良いことだと思うし、更にスパム排除機能を高めて欲しい、とは思いますが、今日の本題は実を言うとGoogleドキュメントについてなんです。

Googleグループでのファイル共有機能が削除されつつある今(現時点では過去のファイルを見ることは可能)、 Google先生の無料機能でファイル共有できるのはGoogleドキュメントしかありません。
(画像はPicasaでできますけど)

このドキュメントが曲者で、時々挙動不審になり英語サイトに飛ばされるわ、共有者の認証が電話になってるわ、となんかチグハグで非常に使いにくいんですよね。

できればGoogleグループにちゃんとファイル共有機能を仕込んでいただければ良い話なんですけどね~・・・・

いかがですか?Googleさん。 
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ